いいくぼさおり ライブ中の撮影について


いいくぼさおりのライブでは「撮影OK」の許可がない限りは
撮影禁止とさせていただいております。

理由としては
周囲のお客様がシャッター音や撮影動作を気にされ、
どうしても迷惑になってしまうからです。

いいくぼさおりが映されたくないとか、肖像権がどうとか、
そういうことが理由で禁止をしているわけではなく、
お客様に音楽を心地よく聴いていただく環境作りを重視してのことです。


ただし、野外 (ライブハウスや音楽ホール以外) の場合は
禁止を徹底し切れない事情もあります。

極力、アナウンスや貼り紙などをするようにしているのですが
会場によっては 禁止を公にうたうことがあまり好ましくない会場もあります。

観光客の多い場所だったり、東京タワー展望台のような撮影スポットだったり、
季節によっても様々で、ステージ上に大きなクリスマスツリーが飾ってあったりすれば
ツリーを撮影したくて集まる方もいらっしゃいますので「撮影禁止」とするわけにはいかなくなります。

また人的ミスもあります。
うっかりアナウンスを忘れてしまった、というケースもあります。

ある程度、禁止を徹底したとしても
単なる通行人もいらっしゃいますし、気軽に1〜2枚撮影して通り過ぎていく方も多いのが実情です。

もしも、「通行人は撮影してるのに自分は撮影できないなんて」と、
不快に思われているファンの方がいらっしゃれば
野外に限り、最後列からの撮影についてはOKにしております。
(但し、三脚や長時間に渡る撮影など、本格的な撮影はご遠慮いただきます。あくまでも適度に)


いいくぼさおりサイドとしては 
野外の場合は 色々な面である程度、割り切って臨んでいます。

ただし、ライブエリア内での撮影は
やはり周囲のお客様のご迷惑になりかねないので
禁止のご協力をいただいてます。


<撮影禁止を打ち出した当初の理由>

当初は3つの理由がありました。

.明確に撮影禁止を打ち出したのは5年くらい前になりますが
その頃はライブハウスも撮影天国状態で、
SNSなどにアップしてもらえばプロモーションにもなる、ということから
撮影OKのアーティストが多かったこともあるでしょう。

ただ、弾き語りライブの場合、賑やかな演奏形態のコンサートとは違って
ライブでの空気の作り方も違いますし、
静寂さえもが歌の一部でありとても大事な表現にもなります。

そんな中で、シャッター音だったり撮影中のちょっとした動作や音が
周囲のお客様の迷惑にもなります。

様々な声を聞いた上で
いいくぼさおりライブでは 「音楽を聴きに来て下さった皆さんが気持よく聴けるように」という理由から
撮影禁止を明確に打ち出すことになりました。それが約5年前でしょうか。


.ライブ中に撮影された動画などがYoutubeにアップされ、
いいくぼさおりオフィシャルの動画が検索しずらくなってしまっていたこともあり、
撮影禁止にさせていただいた、という理由もあります。


、いいくぼさおり自身、演奏中に多数の方に撮影されているということが
どうも落ち着かない、という理由もありました。
現在はこれが大きな理由ではありません。


当初はこのように3つの理由がありましたが
現在は 1が主な禁止の理由です。



<もしも撮影者がいたら>

野外でのライブ会場には 撮影禁止ということがわからないで撮影されるお客様もいらっしゃいます。

あきらかにお客様の迷惑になっているような撮影の場合は、
かなり目立っているでしょうからスタッフが注意をしますが、
スタッフが気付かない撮影者もいるかもしれません。

そのような場合でも、決してお客様同士で揉めないようにお願いいたします。

撮影禁止ということに気付かずに撮影をしてしまう方もいらっしゃいます。
きつく注意をしてしまえば、その方は2度といいくぼさおりのライブには近づかないでしょう。
それはいいくぼさおりにとって一番悲しいことです。

演奏終了後に「撮影したデータの削除」を求めるチームもあるようですが
いいくぼチームとしてはそこまでするつもりはありません。

初めていいくぼさおりを見に来てくださった方にとっては、
よくわからずに撮影をしてしまうこともあるでしょうし、
とりあえずスタッフが注意をした時点で撮影をやめていただければ
削除を求めることまではするつもりはありません。


<気になることがあったら>

ライブ会場は 皆さんに楽しんでいただく場所です。
何か気になったままでは楽しむことも出来ないでしょう。
また、ライブ会場は いいくぼさおりの音楽と出会っていただく場所でもあり、
いいくぼさおりの音楽をを好きになっていただく場所でもあります。
色々なお客様が集まってくださる場所がライブハウスです。

考え方も楽しみ方も様々ですが
決してお客様同士で揉めるようなことがないよう、
くれぐれもご協力お願いいたします。
お客様同士で揉めることが いいくぼさおりにとっては一番悲しいことで
事務所としても大きな問題としてとらえております。

お客様同士で注意をしあうと、揉めることにもなりけないので、
気になったことがあれば まずは 主催者スタッフに申し出て下さい。

いいくぼさおり本人に声をかけていただく方もいらっしゃるのですが
いいくぼはライブに集中している立場でもあるので、
余計な負担をかけることになってしまいます。

ですので、会場内で何か気になる点があった場合は
会場スタッフまたは主催者スタッフに申し出ていただければと思います。
マナー違反に感じるお客様がいたら、
(おしゃべりがうるさい、撮影してる、嫌がることをする など)
間接的に注意をしてもらうようにして下さい。


<まとめ>

様々なケースが考えられるのが野外ライブです。
野外ライブでは 皆様にも我慢していただく面も多いかと思います。

遠くから音楽が流れてきたり、叫び声が混ざったり、撮影者がいたり、
すべてにおいて音楽を聴かせるには完璧にはいかず、
演奏者もご来場者も、我慢をして割り切って臨まなければなければならない面もあるでしょう。

我々も皆さんの声に耳を傾けつつ、努力はしているつもりではありますが
手が回らない部分もありますし、環境的に難しい場合もあります。
やはり野外はどれをとっても完璧を求めるのは難しい場所でもあります。

ですので 「野外は完璧ではない、そういうものだ」と割り切ってご来場いただけると
いいくぼさおりも我々も とても救われます。
余計なプレッシャーを感じずに臨めます。

最終的には ファンの方々の空気感こそが必要で、
いい空気感は自然と周りに広がっていくものです。
そう実感しています。
いいくぼさおりの音楽をいい環境で聴いていただくために、
少しでもいいライブ環境を皆さんのご協力とご理解の元でで
作っていければと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

フューチャーアマデウス